カウンター
[PR] ホームページ お酒関連専門ショップ 【限定20箱】越後魚沼の銘酒の仕込み水円水(ensui) 720mlx12本 忍者ブログ
 
2018/04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05




[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【限定20箱】越後魚沼の銘酒の仕込み水円水(ensui) 720mlx12本【限定20箱】越後魚沼の銘酒の仕込み水円水(ensui) 720mlx12本
巻機円水/ensui 栄養成分表示 100ml 当り エネルギー 0 kcal たんぱく質 0 g 脂質 0 g 炭水化物 0 g ナトリウム(Na) 0.4 mg カルシウム(Ca) 0.6 mg マグネシウム(Mg) 0.2 mg カリウム(K) 0.6 mg       硬度 22 mg/l pH 6.1       1027PUP5 日本百名山「巻機(まきはた)」の天然水 大自然の摂理に由来し命名された「円水」。新潟県魚沼地方の日本百名山「巻機(まきはた)」に降り積もった雪や雨が約百年のときを経てゆっくりと濾過され、天然そのものでボトリングされた名水です。 「巻機円水」は、高千代酒造の深い深い地下水脈から汲み上げられている水で、酒造りの命ともいうべき珠玉の仕込み水。 その水源は、日本海側と太平洋側を隔てる越後山脈、秀山「巻機」(標高1976m)。 高千代酒造は越後山脈、秀山「巻機」の大いなる懐に抱かれるようにあり、冬は雪深く一晩に50cmも60cmも降り積もり、積雪2m〜3mにもなる豪雪地にある。その雪解けの水は炊く拓と浸み出し、山脈の原生林に蓄えられ、されに岩岩へ地下層深く浸透し、豊富な伏流水となる。 四方を1000m急の山々に囲まれた魚沼地方は、食味最高級「魚沼産コシヒカリ」の名産地として呼ばれる米どころ。その極上米もやはり豊富な水と盆地特有の気候により育まれている。それゆえ、水源保持、自然環境保全には官民一体となって積極的に取り組んでいる土地柄でもある。 「巻機円水」は、日本百名山「巻機」に降り積もった雪や雨が百年もの時を越えてゆっくり浸透ろ過された名水です。 スタイリッシュなブルーのボトルは、そのままテーブルウォーターとして食のシーンを演出します。お酒と一緒に割り水、追い水として食中のみずとしてお料理の味わいを輝かせます。 このナチュラル・ミネラルウォーターのメーカーは越後地酒「高千代」の蔵元で、魚沼の大自然の山々に囲まれた酒蔵で良質な雪雨が独特の地下構造で大切に育まれたな大自然の偶然の恵みをモダンアートの粋といえるブルーグラスボトルに仕込んだ、他の場所でつくることのできない逸品です。 (右図:蒸米の湯気に包まれた朝の酒蔵) 日本酒の命、「仕込み水」 銘酒の命と言っても過言ではない仕込水。日本酒醸造における仕込水はスコッチウィスキー蒸留で使用されるマザーウォーターと同様に完成品の出来を左右するようです。品質の高いものはその土地だけでしか作れず、現地の気候や地層構造といった自然環境が重要であることはワインも同様かもしれません。日本酒も毎年味わいが微妙に変わり、高千代では常に品質に気を配っている気配が自然と伝わってきます。 高千代で使われている仕込水は、角のとれた柔らかさに特徴のある深井戸水です。余計なものが無い軟水、ただし硬度という線の尺度でこの水を評価するのは不可能で、この水が持つ深みを見逃す過ちを犯すことになります。日本酒で例えれば、選ばれた良質な米を半分までも磨きこむことで一切の余分を排除しやっと得られる大吟醸の内から伝わる深く上品な甘みのようなものが、地層構造の偶然により磨かれたこの地下水には感じ取ることができます。 名峰「巻機」の地下からの恵み 水源一帯は冬は雪で真っ白に覆われ、スロープが集合する湯沢のスキーリゾートからも遠くない地域です。 ボトルド・アット・ソース ミネラルウォーターの本場ヨーロッパでは「ボトルド・アット・ソース」という概念があり、これは採水地で外気に触れず直接ボトリングすることで衛生管理の徹底と成分毀損を最小にすることを意図したものです。円水はそういう意味ではまさにボトルド・アット・ソース、水源からトラックで工場まで運んでも規則違反ではない日本においてはこの点の表記義務が無く、結構重要なポイントでありながら玉石混交から本物を判断することが難しい所以とも言えるでしょう。 醸造所兼ボトリング工場の脇にひっそりと佇む原水の水場 水だけでなく今後注目の高千代酒造 八海山をはじめとするメジャーな酒蔵を多く持つこの地域で、派手さからは無縁ながらしっかりとした品質を保ち続ける高千代は、お酒とは畑違いの水広場でも今後注目の企業です。 取材では、高千代の酒を愛する蔵人達が確かな技術と比類なき情熱を持って日々の醸造に渾身している様が見てとれました。高千代の蔵人たちがその結果として1級資格を取得しているのは至極当たり前のことのようです。     こんな方/こんな時に特におすすめ ・テーブルウォーター:和食や地中海料理との相性が良く、日本酒やワインと並べてお楽しみいただけます。・硬度22のソフトでクセがなく口あたりよい超軟水ですので、どなた様もおいしくご飲用いただけます。 円水をおすすめする理由 ・銘酒の命といわれる仕込み水そのもののクオリティをご自宅でお試しになれます。 ・グラスボトルに密閉され、味と香りをより正確にお伝えすることができるものとなっております。 お客様の声 銀座にある高級レストランで飲みました。フランス料理にも合うとは驚きでした!  東京都 男性 2007/7/24 ウォーターメニューがある丸ビルのレストランでは、1本1,600円でした。  千葉県 女性 2007/12/05
さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
62 
HOME
忍者ブログ / [PR]
商品検索
P R
バーコード